家具、インテリア

ダイニングテーブルの決め方。大きさや脚の数のメリットとデメリット

ダイニングテーブルを検討中の方。

ダイニングテーブルと一言に言ってもその種類はいくつもあります。

 

そんな中で今日はどんな風にダイニングテーブルを選べば良いのかを書いていきます。

 

高さ

ダイニングテーブルは出回っているもののほとんどが70cm程度の高さです。

ダイニングチェアに於いても高さが40cm〜43cm程度のものがほとんどなので、高さについてはそこまで悩む必要はないと思います。

一般的には座面高からテーブルの下まで30cmほどの隙間があれば高さ的にはちょうど食事がしやすい高さになります。

例えばソファタイプのダイニングチェアを選ぶ場合には座面高が低くなりがちです。

その場合はダイニングテーブルもチェアの座面高に合わせて選べばいいだけなのでそこまで難しい話ではありません。

 

大きさ

人が食事するのに必要と言われているスペースは幅60×奥行40cmです。

その為、4人で座る事を前提としている場合には120cm×80cmのサイズであれば問題ないと言う事になるのですが、これを鵜呑みにしてはいけません。

 

ハッキリ言ってそのサイズは小さすぎます。

大人同士が並べて座るにはあまりにも密着してしまい、非常に窮屈です。

むしろ会話する時に横向くのも気まずいほど近いです。

あくまで120×80と言うのは、最低サイズなので余裕を持ったサイズにするべきです。

大きければ大きいほどいいとは言いませんが、160×85くらいあるとゆったりと座ることができます。

 

椅子に座っている時にはテーブル+50cmほどはみ出します。

更にその後ろに誰かが通る場合、一般的に動線は60cmほど確保されていると通行しやすいので例えばテーブルの奥行きが80cmだった場合、かつ両サイドに人が座っている状態でも後ろに誰かが通れる状態にしたいのであれば

 

80+(50×2)+(60×2)=300

つまり3mほどのスペースが必要となります。

(動線を50cmにしたり後ろを取れるようにするのは片方だけなどの工夫があればスペースはもう少し小さくてもOK)

 

テーブルを置こうとしている場所の長さを計ってから奥行に関しては決めた方が良いかも知れませんね。

 

脚の形

4本脚と2本脚がありますがどちらがいいのか見ていきましょう。

 

4本脚

メリット

デザインが豊富

一般的にテーブルと言えば4本脚が最も多いので当然選択肢も多いです。

 

安定感がある

四隅を支えているので安定感が高く、立ち上がる際に手をついてもグラついたりしません。

 

短い辺(俗に言うお誕生日席)にも座れる

短い辺の前もスペースが空いている為、座るのは容易です。

 

脚と脚の間が最大限利用出来る

脚は四隅に付いているので脚の太さにもよりますが、ダイニングチェアがしまえなかったなどのトラブルは起こりにくいです。

 

加工しやすい

例えば高さを低くしたいなどの加工も可能となっております。

 

 

デメリット

横から座ることが出来ない

四隅に脚がある為、横から座ることが出来ず、テーブルから必ず椅子を引き出して座らないとなりません。

その為、回転式やベンチタイプのダイニングチェアとの相性は悪いです。

こう言った組み合わせは実は非常に使い勝手が悪いのです。

おしゃれさだけに惑わされちゃいけませんね。

ガタつくことがある

4本の脚が同じ長さで床面に接地していないとガタガタなる事があります。

特に安物ほど起こりやすいので気を付けましょう。

 

2本脚

メリット

横から座ることが出来る

4本脚とは逆で大きく椅子を引かなくても横から座ることが出来る為、回転式やベンチタイプとの相性は良いです。

 

狭いダイニングにも対応しやすい

上記のように椅子を大きく引かなくてもいいと言う事は、スペースが少なくて済むと言う事でもあります。

 

デメリット

脚と脚の間が若干狭い

4本脚タイプに比べると足が内側に付いているのでその分足元が窮屈になります。

椅子がしまえなかったと言うようなトラブルが無いように事前に脚と脚の間がそれくらいなのか知っておく必要があります。

 

短い辺(俗に言うお誕生日席)に座りにくい

その部分に座ると目の前が脚になるので座る人が若干ガニ股にならないと座れません。

 

安定性に欠ける

あくまで4本脚に比べてと言う事ですが脚が逆T字で支えられていてもそのTの部分がテーブルの端まで伸びているわけではありません。

その為、どちらかに重心を掛けると倒れる危険性があります。

もちろん普通に使う分には倒れる事はまずありませんので安心してください。

 

伸長式

ダイニングテーブルには食事する人数によってテーブルの大きさを変えられる伸長式と呼ばれるタイプのものがあります。

人数によって大きさを変えられると言うのは非常に便利ではありますが注意点もあります。

 

耐久性が通常の物に比べると劣る事と、タイプによってはテーブル中央に伸長用の板が収納されているものがありますが、こういったタイプのテーブルの場合飲み物をこぼすと中までこぼれてしまい掃除するのが面倒でもあります。

 

私個人の意見としては伸長しなくても多少人数増えるくらいなら誕生席なども使用して不自由なく使えるくらいの大きさのものを最初から選んでおけばいいのではないかと思うんですけどね。

それこそよっぽど大人数招く予定があるなら話は別ですが、、、

 

これはテーブルに限った話ではありませんが濃い色は傷が目立ちます。

ブラウンやウォルナットよりもナチュラル系のカラーの方が傷は目立ちません。

部屋全体のバランスを見て結局は決める事になると思いますが、多かれ少なかれどんなに注意していても結局傷ってついてしまいますからね。

傷を隠すツールもありますが最終的に決めるのは好みの問題かと思います。

 

まとめ

ダイニングテーブルは毎日使うものなので失敗しないように選びたいですよね。

ただ、既述したようにスペースの兼ね合いや、それこそダイニングチェアとのバランスも決める要素として非常に重要なポイントとなって来ます。

 

ちなみに我が家はこのテーブルでサイズオーダーしました。

価格もオーダー品なのに安価だったので何かとお金のかかる家づくりにはありがたい商品でした。

みなさんも素敵なダイニングテーブルに出会えるといいですね。

 

ダイニングチェアの選び方はこちら

ダイニングチェアの選び方。タイプ別にメリットとデメリットを解説ダイニングチェアの購入を検討中の方。 ダイニングチェアにもキャスター付き、ハイバック、ローバック、肘当て、回転などなど。 種...