エクステリア

外壁の色、内装のイメージと同じ?汚れが目立たない色が全てじゃない。

家造りは一生に一度、後悔しないようにしたいですよね。

その中でも外壁は家の顔と言っても過言ではないですよね。

 

実際に自分の家に招くのは知人だけであって、見ず知らずの人に

「ちょっと、我が家の内装や間取りが最高だから入ってよ!」

なんて誰も言いませんし、そんな事言われても誰も入りませんよね。

だから街ゆく人達は家の外観を見て中に住んでいる人の人物像を想像するしかないんです。

 

わざわざそんな想像はしないよって思いますよね。

私もそんな事は思わなかったんですが自分が家を建てる事になって気になるようになりました。

我が家の参考に勝手に人様の家を盗撮したりもしましたがお陰様で、納得の行く外壁に仕上がりそうです。

ただここに行き着くまでは非常に大変な道のりでした。

今日は今から外壁を決めようとしている方に先に建てた者としてのちょっとしたアドバイスをお届けします。

 

最初に注意点

まず大前提として、家造りって本当に大変なんですよね。

私も家を建てるとなってからは休みの日の方が仕事の日より大変だったような気がします。

その点、建売って何て楽チンな事でしょう。

ローン組んで決済して終わりですからね。

内装に関しても正直そんなに気にならないでしょう。

まずそもそも壁紙や扉、床材にそこまで種類があると思ってないから【こんなもんか】くらいの気持ちで済むんですよね。

少し脱線しましたが、土地や工務店、ハウスメーカーが決まったら1番最初に間取りですよね。

これは何よりも重要だと思います。

その後、床材やキッチン、扉の種類など決めて行く中でもしかしたら外壁の話はまだ出て来ていないかも知れません。

 

けれどこの時に聞いておいて欲しいのです。

 

☑外壁のメーカーはどこの選択肢があるのか?

☑どうアクセントを入れるのか?

 

そして

【どんな方向性の外壁にしたいのか】

を決めておいてほしいのです。

ある程度イメージを持っておかないと土壇場になって決まらず、時間も限られている為、妥協案を採用してしまい何年も後悔することになるかも知れません。

 

我が家も危うくそうなる所でした。

 

外壁の色は何色がいいの?

まず家造りをする際に私は漠然と外壁は汚れが目立たない色が一番と思っていたんですね。

ネットで調べると何処見ても書いてある色は【グレー】

 

 

どうでしょう。一応簡単にサンプル作ってみましたが

確かに白なんかは他の色が目立ちますね。

(グレーも目立つような気が・・・)

 

妻とも「じゃあグレー系にしよっか」くらいの感じで話が止まっていたのです。

 

そして工務店の方と何度目かの打ち合わせの日。

 

建具やら洗面化粧台の色まで擦り合わせていると

工「外壁はどうしますか?」

私「汚れが目立たない色が良いのでグレー系で」

工「ではグレー系でいくつかサンプル作って持ってくるのでそこから変更して行きましょう。」

私「はい」

工「屋根はどうしますか?」

私「全体がグレー系なので何色がいいんですかね」

工「まぁ黒じゃないですかね」

私「じゃあそれで」

 

と言う会話が行われていました(色々考える事がありすぎて記憶があやふやです)

 

 

考え方の変化

打ち合わせは終わり待つこと数週間。

出来上がった外壁のサンプルを見て私は思いました。

 

しっくり来ない・・・

 

そう、しっくり来なかったんです。

けどそれは決してサンプルが悪かったからとかじゃないくて、、、

 

別にグレー系がいいと思わなくなっていたからです。

 

お前のせいだろって言われたらそれまでなんですが、サンプルを待っている間にも壁紙を決めたりして家全体の全貌がやっと自分自身でも分かって来ていた時期だったのです。

そして家づくりが進むにつれ外壁にもこだわりたくなってきたのです。

 

我が家の内装はオークの木目調に家具もブラウン系、差し色に緑をあしらい全体的にナチュラル系の内装になる予定でした。

 

そして私は思いました。

 

家の中はナチュラル系なのに外観はグレー系のモダン感はどうなんだろうって。

 

外壁と内装は合わせる必要があるのか?

考え方は人それぞれですよね。

そのギャップが良いと言う方もいるでしょう。

ただ私はどうしてもその雰囲気は合わせたかった。

 

何年か前に楳図かずおさんの家が話題になりましたよね。

【絶対に話したくなる!アニメやゲームの都市伝説】より

 

例えばこの家に招待されたとして、内装が普通だったら逆にガッカリしませんか?

 

だから私はここを合わせたい欲求が日に日に増していったと言う訳です。

 

なのでサンプルを貰った時にどこのメーカーのもので、どのグレードまでがオプション扱いにならず選べるのかを聞きました。

 

すると分かったのがニチハと言う外壁メーカーの一般地域用という中から選ぶ事が出来て、なおかつ持ってきたサンプルまでの金額に収めてくれたらオプション扱いにはならないと言ってもらいました。

 

この時点で私は初めて知ったのです。ニチハと言うメーカーを。

そして外壁は塗る時代(モルタル)では無く貼る時代(サイディング)になっていた事を。

 

本当に家づくりなんて自身が関与するまでその程度の知識しかないんですよね。

 

そんなこんなで一度持ち帰りさせてもらい、次の休みに予約してニチハのショールームに。

しかし工務店の方から言われたデッドラインは1週間

仕事の都合的にも行けるチャンスは1回しか無かったのです。

 

ニチハのショールーム

私は関西在住なので、谷町線のなんば駅にあるニチハのショールームへ。

ちなみにニチハのショールームは全国に8つしかありません。

本社(名古屋)ショールーム
東京ショールーム
札幌ショールーム
仙台ショールーム
大阪ショールーム
広島ショールーム
福岡ショールーム
鹿児島ショールーム

なのでなかなか足を運べない地域にお住まいの方もいると思いますが、是非足を運んでください。

やはり行くと行かないとでは全く考え方が変わります。

それに担当者の方のアドバイスを受けて初めて生まれる考え方もあります。

組み合わせの参考例なども教えてくれるので絶対に行ったほうが良いです。

 

ニチハ

 

対応してくれた方が私と同じ苗字で若干気まずい感じになりましたが非常のご丁寧に色々教えてくれました。

 

【住まCo】と言う外壁のサンプルを作れるサイトで私の家の外観の色を変えながら担当の方とどれがいいのかと悩む。

何でもニチハのショールームで住まCoサンプルを作ってもらっても3パターンまでしか持って帰れないそうなんです。

 

まぁよく考えたらニチハの人達もそんなに暇じゃないですもんね。

ただ3つだけと言うのは方向性が定まってないと絞れない!

※ニチハのHPにもショールームに来る前にカタログでイメージを掴んでおいてくれってやんわり書いてあります。

 

サンプルをいくつも入れ替えたりしながら試行錯誤

ちなみに我が家はメイン部分に14mm アクセントは2か所あり、共に16mmの中から選ぶことになっていました。

 

 

 

そんなこんなで色々サンプルを組み合わせた挙句。

 

メイン

マトリカ オルアMGブラウン

アクセント① リナルモ MGシルク

アクセント① トランディウッド トランMGナチュラル

 

と言う組み合わせに決定!

 

こんな感じ

我が家はこんなにデカくないですが住まCoは一般人では自分の家の外観をいじれずサンプルの中からしか選んで変えれません。

その中でもほとんどが2面の色変えだったのに対してこのアパート型は3面まで色を変えれたのでこちらにて作成しました。

 

住まCo

 

最初は一番広い面(画像の茶色部分)は黒系にしようかとも思ったのですが黒系は白系に比べると熱吸収率が半端じゃないらしく、真夏だと表面温度が白が40℃くらいまでにしかならないのに比べ黒は70℃くらいまで上がるらしいので、外壁の寿命の事や、室内の気温の事を考えキャンセル、茶色に落ち着いたと言う訳です。

 

しかも茶色系も汚れは目立たないようです。

確かにあんまり目立ってませんね。

 

ちなみに自分の家の外観を納得いくまでいじり倒したければハウスメーカーや工務店の方に直接お願いして会社まで出向きやらせてもらうしかないですね。

ハウスメーカーや工務店(ビルダーと言うらしい)はIDを取得して自分に家の外壁で操作できるようなので。

ただやらせてもらえるかどうかは分かりません。

我が家は無理でした。

 

 

無事決定?

早速この内容を報告し、決まりかけていた玄関扉も変更。

全て万事解決かと思われましたが・・・

 

屋根はもう手遅れでした。

 

そう、最初にグレー系にすると言うやり取りの中で屋根を黒にすると言う話に私は納得していたようです。

(全く記憶にないんですが・・・)

外壁よりも屋根の方が先と言うのは納得いきませんが、それを知っていたらきっと屋根は黒にはしていなかったでしょう。

 

結局屋根の熱吸収率は半端ない事になってしまいそうですが、これはもう諦めるしかないですね。

ただ幸か不幸か我が家は屋根の色が全然歩いてても見えないのでそういった意味では何色でも良かったかもしれません。

 

と言う訳で、我が家の外壁は無事決まったのでした。

 

 

まとめ

これから家を建てまいとしている方。

どのメーカーのどのシリーズが使えるのかなどの確認も重要ですが外壁の方向性も決めておく必要があります。

 

石目調にするのか、木目調にするのか、レンガ調にするのか。

ナチュラル系かモダン系か。

 

ニチハ カタログ一般地域用

 

予めイメージをつかんでおくと話し合いもスムーズに進むかもしれません。

私は短い期間の間にこのニチハのカタログを何度も何度も読みました。

今では街を歩いていて「あっ、ベイクルストーン調だ」とか思うほどまでに成長しました。

 

家づくりには決めなければいけないことがいっぱいあります。

その中で決めなきゃいけない物事をリストアップしてその全ての決めなきゃいけない日にちを書いておくと自身で【次はコレを考えないと】と整理が出来ると思います。

 

 

考える事が多すぎてパンクしそうになる気持ち。よく分かります。

ただこんなに大変なのも一生に一度だけです。

そう考えて何とか乗り切ってください。

妥協せずに仕上がった家はきっとあなたの大好きな家になる事間違い無しです。

 

皆さんの素敵なおうちが建ちますように。