間取り

ローコスト住宅が安い理由を解説。【安かろう悪かろう】はもう古い?

家づくりは一生に一度、後悔しないようにしたいですよね。

だけど、とにかくお金がかかる!

土地代!家代!ローン手数料!火災保険!家具!その他諸々。

なので少しでも安く家を建てたいと思うのはごく一般的な心理ですよね。

そこで気になるのがローコストメーカーによるローコスト住宅と呼ばれるもの。

 

「一般的なハウスメーカーと比べてどれくらい安いんだろう?」

「設備はどうなってるんだろう?」

「断熱性やその他性能は?」

「そもそも何でそんな安いの?」

 

気になり始めたらキリがないですよね。

今日はそんな疑問に答えるべく、ローコスト住宅について書いていきます。

読んだ上で選択肢の中にローコスト住宅を入れるかどうか判断していただければと思います。

 

坪単価

一般的なハウスメーカーですと坪単価と呼ばれる一坪あたりの建築費は58万ほどだそうです。(全国平均)

 

セキスイハイムなどでは坪単価が75万円に及ぶこともあります。

そうなると単純計算でも30坪の家を建てると2150万円掛かる事になります。

 

ローコストメーカーの坪単価は20万~40万円ほどで仮に30万円とした場合には同じ30坪の家でも900万円で建つ計算になります。

ここで注意したいのが建築費だけが全てでは無いと言う事。

外構費などが別途掛かる場合もありますし、付いていると思っているものがオプション扱いだったりします(例えば網戸など)

問題なのは、この坪単価にどこまで含まれているのかのルールが無いと言う点です。

A社では坪単価が30万円で30坪の家を建てたが別途外構費が200万円かかり総額1100万円だった。

B社では坪単価が35万円で30坪の家を建てたが外構費は坪単価の中に含まれていた為、総額1050万円だった。

安く表示して客を引き込もうとする手法もあるのでどこまでが坪単価に含まれているのか事前に調べておく必要があります。

 

安い理由

コレが安さの秘密

✅広告費

✅大量受注

✅人件費

 

広告費

レオハウス、ユニバーサルホーム、アイダ設計。

今挙げたハウスメーカーはローコストメーカーとしては有名なメーカーです。

しかし地上波のTVでCMを見かける事はありますか?

ほとんどありませんよね。

一方で大和ハウス、積水ハウス、トヨタホーム。

これらハウスメーカーのCMは頻繁に見かけますよね。

この広告費は莫大な額です。

まず、CMの到達効果測定に、GRP=GrossRatingPoint(延べ視聴率)という指標を用います。
毎分視聴率1%の番組に、テレビCMを1本流すと1GRPです。
たとえばスポンサー企業が1000GRP分買えば、テレビ局は平均視聴率10%の番組に100本流すという計算になります。
5%の番組なら200本です。
CMの枠はこのように売り買いされてます。
低視聴率の番組に大量に流すか、高視聴率の番組に数回だけ流すかはスポンサー次第ですが、基本的に価格は変わりません。
ちなみに、1GRPあたりの価格は、東京のテレビ局で約10万円です。
1000GRPを達成しようとすると、1億円の費用がかかるわけです。
なので、単純に計算すると、時間帯に限らず視聴率20%の番組に1回放映すれば、200万円という計算になります。

引用:Yahoo!知恵袋

これにCM制作費や有名人起用すればギャラなども別途発生する訳ですからこの分を建築費に上乗せしないと採算が取れないですよね。

これら広告費を抑えて坪単価に還元しているのがローコストメーカーと言う事です。

 

大量受注

ローコストメーカーは建築部材を大量に仕入れる事で1つあたりの単価を減らしています。

使う木材がパターン化されているので大量に発注しても使わないで無駄になると言うことが無いのです。

その他にもキッチンやバスユニット、トイレなどは型落ちのものなどを大量に仕入れる事で安くすることが可能になっています。

大手ハウスメーカー → 最新の物が欲しい

ローコストメーカー → 型落ちが安く欲しい

設備メーカー → 在庫を抱えなくて済む

 

この3社がそれぞれの理にかなった関係が成立していると言えますね。

 

人件費

規格が改めて定められている為、打ち合わせに使う時間から、建築に掛かる時間までを削減する事が可能になっています。

すなわちそれは人件費の削減につながっています。

その他にも営業や様々な部署が最少の人数で済むような工夫がなされていると言う事です。

これは企業努力の賜物でもあるのではないでしょうか。

 

気を付けるべき事

規格が決まっている(自由度が低い)

注文住宅ほど間取りの自由度が無いのがローコスト住宅です。

実際に私も今の家を建てる前に複数社のローコストメーカーの方と打ち合わせをした事がありますが、その際に【天井高を上げたい】と言う話をすると、、、

A社 → 出来ない

B社 → 高額なオプション扱い

C社 → 出来ない

と言う結果でした。

今はどうか知りませんが、少なくも私がこの打ち合わせを時には自由度の幅はかなり低く、間取りに関してもカタログの中に1000ほどの間取りが描かれており、その中から決めるような感じでした。

使用する木材などを決められたサイズで大量に発注している為、複雑な事に対応できないと言う事ですね。

 

オプションが高い

上記でも触れましたが設備の規格も決まっている為、グレードを上げようとした場合にはその為に新しく仕入れたりする必要が出てくるため、余計な人件費などが掛かって来ます。

それらは当然コチラ持ちになる為、高額になってしまうと言う事です。

自分たちの使用したい建具や設備などをこだわり過ぎると、結局一般的なハウスメーカーで建てるのと同じような金額まで膨れ上がってしまう事もあります。

その場合はわざわざローコストメーカーにするメリットも薄れてきてしまいますので注意です。

 

標準仕様ではない

一般的なハウスメーカーでは標準で付いているものがオプション扱いだったりします。

それこそ私が打ち合わせしたローコストメーカーでは二階のトイレはオプションでした。

でも普通に考えて二階建ての建物だと二階にもトイレが当たり前のように設置されている時代な訳で、まさかオプションだと言われるとは思ってもみませんでしたね。

その他にも網戸などもそうですし、タオルハンガーや階段の手すりなんかも含めてオプション扱いになるものはどれなのか最初に聞いておかないと後から請求されても、もう戻れないから泣く泣く払う事にしたなんて事にはならないようにしたいですね。

 

性能

家の断熱性を左右する断熱材も安価なグラスウールと言うものが使用されます。

グラスウール自体が悪い訳ではなく普及率も高いのですが、それ以上に断熱性能が高いものも当然あるので、性能面ではやはり見劣ります。

施工がし易い反面、水を吸収しない為、施工の段階で偏りが起こってしまっていると湿気などで結露が発生しやすくなり柱を腐らせる原因にもなりかねません。

しかし一方でローコストメーカーは規格が決まっているので一定の施工クオリティは保たれていると考えるとそこまで気にするポイントでもないかも知れません。

引き渡しから10年以内に欠陥が起これば売主が無償で修理する義務が法で定められています。

当然ですが結露からの柱の腐敗などは重大な施工不備になるのでもし無償で直してもらえるでしょう。

とは言っても壁を開けて見ることが出来る訳では無いので実害を感じた頃には10年経過していた何て事も無きにしもあらずですが、、、

 

ローコスト住宅はこんな人が向いている

こだわりが少ない

規格の中から選ぶのは簡単な反面自由度は低いです。

最低限揃っていて、生活に支障が無ければ問題ないと思っている方。

逆に自由度が高すぎると決める事が多すぎて逆に【もう好きなようにしてくれー!】ってなってしまう方もいるようです。

(私なんですけどね)

 

とにかく安く抑えたい

何と言っても一番の魅力は総費用です。

生きて行く上で家に掛かる費用だけが全てではありません。

家を買うから全てを我慢すると言う考え方は根本的におかしいです。

生活を豊かにする為の家が真逆の存在になってしまうことほど無駄な事は無いですよね。

 

シンプルなのが好き

外装から内装まで基本的にはシンプルなデザインが多いです。

家の形にしても凹凸が少ない箱のような形のものが多くなりますし、外壁に何色もアクセントで取り入れたりなどもありません。

simple is best

こんな言葉が好きな方にはピッタリです。

 

ライフスタイルが変われば建て替える予定がある

総額2500万円の家を建ててローンが払い終わった頃に建て替えを検討する気になれますか?

なれませんよね。

それが1200万円の家だったらローンの支払いも早く終わりますし、その時にライフスタイル、例えば子供が成人して出て行ったなどがあれば今の生活に合わせた家に建て替える事だって出来るのです。

 

まとめ

こうやって見るとローコスト住宅が決して安かろう悪かろうと言う訳ではないと言うのは理解していただけたと思います。

安くなっている事には並々ならぬ企業努力あってこそだと言う事ですね。

ただしやはり中には安かろう悪かろうと言う言葉を感じさせてしまうメーカーがあるのもまた事実のようです。

 

そこで重要なのが、ローコストメーカーをいくつも比較検討する事です。

いくら規格があると言ってもメーカーの種類が増えれば間取りの種類も増えるわけですし、中には自由度が高いにも関わらずローコスト住宅並みの低価格を実現しているハウスメーカーもあります。

それらを比較検討する事で、しっかりと後悔の無い家づくりに繋がると言う事です。

しかし一言にローコストメーカーと言ってもその数は多く、一社ごとに依頼していたのではいつまで建っても家が建ちません。

そんな時に完璧な家づくりの為に複数の注文住宅会社から間取りの提案を貰えるサイトがあります。

まず先に言っておきますと、このサイトはどんなに利用しても無料です。

そして登録はたったの3分です。

この無料のサイトではこんなことが出来ます。

 

間取りの提案

こちらのサイトでは加入している600社以上の中から複数の間取りの提案を受ける事が出来ます。

十人十色、設計士の数だけ違う間取りが存在します。

数をこなしてきた設計士ならば他の設計士が思いつきもしなかった後悔ポイントを予め考慮した完璧な間取りがあなたの元に届くかも知れません。

 

資金計画書

そして家づくりで一番心配なのは何と言っても金銭面の問題ですよね。

このタウンライフでは家づくりに掛かる総費用を書いた計画書を受け取ることが可能です。

もちろん坪単価もメーカーによって違いますし、総費用もメーカーによって様々です。

そこで計画書を受け取れば相見積もりとして比較する事も可能になります。

結果としてA社では叶わなかった間取りがB社なら作れたなんて事もあり得るかも知れません。

ローコストメーカーではオプション扱いになってしまっているものがあると言う話は先ほども書きました。

それらも含めた総費用が分かると言うのは比較検討にはすごく便利ですよね。

 

土地探し

そしてまだ土地が見つかっていない方は土地まで探してくれます。

実は私たちが普段見ている莫大な情報量の不動産サイトでさえ一般流通している不動産の4割程度にしかすぎません。

売主が資金難だと思われたくない為に広告に載せれなかったり、そもそも広告に載せなくても売れるような物件はわざわざ広告費払って掲載しませんよね。

そんな売れそうな物件は担当の客様にのみご紹介するので、そうやって私たちの知らない間に物件は売買されていくのです。

このサイトを利用すればその【担当のお客様】になれると言う訳です。

 

家づくりはほとんどの方が一生に一度です。

出来上がってから「こうしておけば良かった」と思っても後の祭りです。

そうならない為にも選択肢は多い方が良いですよね。

 

カタログも請求できるので比較検討もしやすいですよね!

↓まずは資料請求

あなたにとって良い家づくりが出来る事を願っています。