間取り

これで安心。ルーフバルコニー(屋上)でプール遊びをする時の注意点

ルーフバルコニーには夢が詰まってますよね。

バーベキューしてみたり、ガーデニングしてみたり、お茶してみたり。

お子さんがいる方ですと、プールをしてみたいと思う方もいらっしゃるでしょう。

 

現に私がそうですし。

 

しかしルーフバルコニーでプールをする為には注意しなければならないポイントがあります。

 

今日はそのポイントについて書いていきたいと思います。

 

近所迷惑

ルーフバルコニーがどこに面しているのかにもよりますが、道路側に面している場合、子供達がはしゃぎすぎると道路側に水が飛んでいってしまうことだって充分にありえます。

その際、通行人に掛かったりでもしたら苦情に繋がる可能性だってあります。

賃貸でもない限りはずっとその場所に住み続けるので出来ればご近所トラブルは避けたいですよね。

その結果としてもうプールが出来なくなってしまった、なんて悲しすぎます。

 

また、マンションのバルコニーなどではそもそもプールなどをしたりする事自体禁止されている事も多いので規約を読んで、それでも分からなければ問い合わせてみると良いでしょう。

 

熱中症

プールをやるほどの暑さですから当然外気温はかなり高くなります。

それに加えてルーフバルコニーの照り返しもあるのでその温度は予報以上の高さにもなり得ます。

※子供は身長が低いので照り返しで感じる温度は大人より高くなります。

 

プールに入ってるから大丈夫だろうなんて考えるかも知れませんが、実際ルーフバルコニーに設置するようなプールのサイズは深くても30cm程度です。

遊びに夢中になってずっと上半身に太陽光を浴びていたら大変です。

 

シェードやオーニングなど日差しを避けれるものはあるので設置を検討してもいいかも知れません。

 

特にシェードは非常に安価でたまに使う程度なら問題ないでしょう。

それと水分補給も忘れずにさせてくださいね。

 

熱中症と言うのは本当に危ないです。

何でも卵のようなものらしく、一度ゆで卵になった物は生卵に戻せない。

熱中症とはそういうものと何かで見た事があります。

恐ろしいですね。

 

溺れる

浅いから大丈夫だろうなんて思っていたら大間違いです。

子供は水深15cm程度でも溺れる事があるようです。

 

熱中症にしても溺れる事にしてもそうですが、楽しいはずのルーフバルコニープールが悲劇に変わってしまった。

なんて後悔してもしきれませんよね。

 

重さ

水の重さって知ってますか?

水は1リットル1kgなので、例えば1m×1mで深さ子供用プールに8分目まで水を入れたとするとその重さは実に240kgに及びます。

そんなに重いのか、とちょっと衝撃ですよね。

しかし本題はここからです。

住宅の耐荷重1㎡(縦1m横1m)あたり180kgと言う基準があります。

つまり先ほどのサイズのプールでは耐荷重オーバーしてしまっているんですよね。

もちろんそれ以上は耐えれる構造になっているはずですが1m×1mのプールって想像してみれば分かると思いますが大して大きくないんです。

むしろ小さいかも知れません。

それ以上のサイズのプールを設置しようと思えばその分住宅に与える負荷は大きいものになってしまいます。

それだけ水が重いと言う事ですね。

我が家はそんな事知らずに普通に立ててしまったのであまり大型のプールは設置出来ません。

大人も入れる程のサイズを検討しているのであれば、図面の段階でルーフバルコニーの耐荷重を上げてもらうように打診するといいかも知れませんね。

 

それとプールの水は深く入れない事ですね。

 

まとめ

ルーフバルコニーでプールなんてまさに贅沢ですよね。

我が家のルーフバルコニーは9畳あるので子供たちがビニールプールをやっている傍らでバーベキューをやりながらビールを飲む。

そして遊ぶ子供たちを眺める。

これがこの夏の小さな夢です。

ロマン溢れるルーフバルコニー検討してみてはいかがでしょうか。

 

自分にとって最適な間取りが分からない方も、納得出来る間取りに仕上がらない方もいると思います。

設計士に希望だけ伝え続けても出てこないものは出てこないかも知れませんからね。

そもそもその設計士が考え付かない案だってある訳ですし。

そんな時にお勧めなのがこのサイト

最初に言っておくとこのサイトはどんなに利用してもタダです。

たった3分で登録できるこのタウンライフを利用するとこんなメリットが

 

複数社から間取りのプランを貰えます

設計士が10人いれば10通りの間取りがある訳で、間取りの癖だって人それぞれ違うものです。

間取りの案がいくつもあればそれらのいいとこ取りをしたハイブリッドな間取りが作成出来るかも知れません。

 

資金計画や見積もりの作成が貰えます

家を建てる時って金額が大きすぎて感覚がマヒしてきてしまうんですよね。

「100万円くらいいっか」みたいな。

そして後からその100万円が自分達の首を絞める事になったら大変。

予め総支出が分かっていると家具など他の計画も並行して進めやすいですよね。

 

希望の土地を探してもらえます

これはそもそも住む土地が見つかっていない場合の話ですが、市場に流通している土地情報は実際に売買されている土地の4割程度しかないようです。

広告費を払って載せなくても売れる物件は自分の担当しているお客様だけにしか不動産屋も教えませんからね。

大手だから売買されている全ての土地を把握していると思うのは大間違いです。

意外と小さな不動産屋が独占している物件もあるんです。

 

その他

■利用満足度No.1

■知人に勧めたいサイトNo.1

■使いやすさNo.1

 

これら3つのポイントで堂々の三冠だからこれまたすごいですよね。

つまりそれだけ多くの人が利用して良かったと思っていると言う事です。

利用者の評価が1番リアルな評価ですよね。

 

家を建てるのはほとんどの方が初めての経験なんです。

分からない事や不安になる事がいっぱいあるのは当然。

どんな疑問や悩みも気軽に相談することが出来ます。(もちろん無料で)

 

一生に一度の家づくり後悔しないように選択肢は多い方がいいですよね。