しきたり、風習

地鎮祭は必要?費用は?出来ない場合はどうしたらいい?私の場合はこうでした。

家はほとんどの方が一生に一度の大きなお買い物ですよね。

だからこそ後悔しないように全てを完璧にしたいのが本音。

しかし家づくりはとにかくお金がかかる!

 

間取りの変更、設備のグレードアップ、仕様の変更などなど

想像している以上のお金が飛んでいく中で不動産屋と打ち合わせしたり、施工業者と打ち合わせしたり、役所や銀行とやりとりしたり・・・とにかく時間もお金もない!

 

こんな風になってしまいますよね。

少なくともうちはなっているのですが・・・

 

そして色々決まっていざ着工となったら今度は地鎮祭や上棟式なるものが

出て来てまたここに来てお金が飛んでいく・・・

 

そこで出てくる疑問。

地鎮祭って必要なの?

これが本日のテーマです。

 

そもそも地鎮祭って何?

とこしずめの祭り鎮祭地,地祭,地曳,地勧請ともいう。土木建築などで基礎工事に着手する前に,その土地守護神である産土 (うぶすな) 神や大地を主宰する大地主神を祀って,工事の無事や順調な竣工を祈願する祭儀

 

コトバンク ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典より

 

分かりやすく説明すると安全祈願のようなものです。

基本的には施工業者が費用を負担してやるのが一般的だそうです。

 

地鎮祭はいくらくらい費用が掛かるの?

私が調べた限りでは安いところで3万円くらいからあります。

しかし紅白幕やその他必要材料がこちら負担となっている場合にはレンタルになるので

込々で結局値段が更に上がるのでそれも込みで探すのが望ましいです。

ただ施工業者が持っている事もあるので実際に施工業者の方に聞いてみるのも良いかもしれませんね。

(しつこいようですが基本的には施工業者が費用を負担してやるのが一般的だそうです。)

 

地鎮祭と上棟式は何が違うの?

地鎮祭→着工の前に行う。工事の無事、土地や建物の安全や繁栄を祈るもの

上棟式→棟木(むなぎ)を上げるときに行う。新しい住まいに災厄が起こらないように祈るもの

この上棟式は最近ではやらない方が増えてきているそうで

地鎮祭だけと言う方が多いようです。

 

結果必要なの?

分かりません。私は本人の気の持ちようだと思います。

現に建売ではやっていないところも結構あるみたいですからね・・・

 

神様に祈祷するわけですから、神に対して全く信仰が無い方はわざわざやる必要はないと思います。

どちらかと言えば年配の方が地鎮祭に対して必要性を感じているような気がします。

しかし実際に大きな災害。東日本大震災や西日本豪雨で家屋を流されたり不幸にあってしまった方々の中には地鎮祭や上棟式をした方も当然いるでしょう。

そう考えると必要性なんてないような気もしますが重要なのは何かあった際に

気持ちの逃げ場が無いのは辛いような気もしますけどね。

 

もし災害で窓ガラスが割れたり建物に亀裂が入ってしまった時に

「地鎮祭をしなかったからだ」と悔やむような方は絶対やるべきだと私は思います。

何度も言いますが気持ちの問題だと思いますからね。

 

私の場合

やっていません。厳密にいうとやりたかったのですが

どうしてもスケジュールの都合上建築確認が下りてから着工までの間に

出来そうになくてやれませんでした。

 

しかしスケジュール上出来そうにない事を施工業者に伝えたところ

最近はそういった方の為にこちらから神社に出向いて地鎮祭や上棟式に必要な

鎮物や上棟札をもらう事が出来ると教えてもらいました。

その際には実際に家を建てる市町村の神社でやるのが一般的だとの事です。

 

実際に私が家を建てる市町村の神社に何件か問い合わせた結果がこうでした。

 

A神社

そう言った特殊な事はやっていない

 

B神社

本来は現地でやるのが望ましいですがどうしても無理なら祈祷していただいて

お帰りの際に鎮物などをお渡しいたします。

費用に関してはこちらで決めるものではありません。

 

C神社

本来は現地でやるのが望ましいですがどうしても無理なら祈祷していただいて

お帰りの際に鎮物などをお渡しいたします。

費用に関しては鎮物など一式で1万円、祈祷代で1万円

 

など回答は様々でした。

どの神社であれ正式な形ではないと言うのは共通して言ってました。

(出来ないもんは仕方ないでしょう・・・)

B神社に関しては試されている感が半端ないですね。

流石にしませんが100円でもいいのか?ってなってしまいますよね。

 

結果、C神社にしました。

元々施工業者の方がC神社が有名だとおっしゃっていたので。

 

そして無事に終えてきました。

前日の台風の影響で神社の中は荒れていましたが

まず神主さんに私の名前、建築先の住所や、施工業者の名前などを伝え

祈祷の際に実際に私の名前やその他情報を読み上げてもらい30分程度で終了しました。

 

まとめ

正式な形ではないとはいえ実際に神に仕える方に読み上げていただくと

気持ちの面だけでもだいぶ違いますよね。

 

地鎮祭の由来なども合わせて教えてもらい

貴重な時間を過ごすことが出来ました。

必要かどうかはさておき、やはりほとんどの方は一生に一度しか経験しないですからね。

自身の経験値の為にもやるのもありじゃないかな?と私は思いますね(お金に余裕があれば)

 

みなさんも素敵なおうちが建つといいですね。